IntelligentCommunicationsCorporation - トップへ飛びます
トップ > 会社案内
http://www.intlcms.co.jp
トップ 会社案内 採用情報 お問い合わせ


会社案内

WEB開発の成功をICCはお約束します

WEBシステム実績一例

■新経費Webシステムの設計・開発(JavaServlet、Oracle9i、WebLogic、Rose)
■自動車保険販売システムの設計・開発(JavaServlet、HIRDB、Server3.5SP1)
■航空会社国内新ツアーシステム(JavaServlet、JSP、DB2、WebSphere、WACs4、Jtest)
■金融Webシステムの設計・開発(JavaServlet、Sybase、Tomcat)
■人材派遣業の基幹システムの設計・開発(JavaServlet、WebSphere4、DB2、WebSphereStudio)
■小売業販売管理システムの設計・開発(C#、.NET、Oracle9i)


◆ごあいさつ◆

黒田社長
  代表取締役 黒田尚史

お客様に満足を、社員に幸せを、会社に豊かさを
モットー

◆会社概要◆
社名

株式会社インテリジェントコミュニケーションズ

本社

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-27-2 ルミエール御苑4F
[URL]http://www.intlcms.co.jp
電話:(03)3226-6861
FAX :(03)3226-6976

役員

代表取締役:黒田尚史   取締役:大石高男

設立

昭和61年3月20日

資本金

20,000,000円

従業員数

40名(技術者37名)

保有マシン

EWS系:6台  PC系:30台

事業内容

・コンピュータシステムの企画、設計、開発
・WEBシステムの開発
・UNIX系、データベース系C/Sシステムの開発・運用
・ネットワークの開発・運用
・大型汎用機系システムの開発 等

主要取引先

(50音順・敬称略)

アクセンチュア株式会社
インターネットウェア株式会社
コムテック株式会社
株式会社SRA
株式会社アイ・ティ・フロンティア
株式会社アイ・ティ・ワン
株式会社ケイ・シー・シー
株式会社システムトラスト研究所
株式会社ソルネット
株式会社ホルンシステム
三菱総研DCS株式会社
中央システム株式会社
東京コンピュータサービス株式会社
富士ゼロックス情報システム株式会社

取引銀行

りそな銀行 新都心営業部
三菱東京UFJ銀行 新宿支店
三井住友銀行 新宿支店

●資格保有状況  ※2014/08時点 

Oracle Master(Silver,Gold,Platinum)、 UML検定Silver、SUN SJC-P、CCNP、CCDP、CCIE、ソフトウェア開発技術者、Linux関連、DB2エンジニア、TOEIC700以上、二種証券外務員、投資信託三級、AFP etc...

 


 


◆人材育成方針◆

スペシャリストよりもジェネラリスト

景気の影響もあり、システム開発における経費削減、短納期化の傾向は
しばらく続くものと捉えざるを得ない状況ですが、
こうした状況を弊社では単に景気が悪いという事実のみの認識でなく、
ひとつの”変化”として受け入れながら、どう適応していくかを常に考えます。

経費削減や短納期といった開発する側からみた厳しい状況が生む問題、
例えば製造コスト削減を狙ったオフショア開発の結果、
意思疎通に起因した顧客側、協力会社間との意図的な部分でのズレや最悪の場合はプロジェクトが失敗するというケース。

また、逼迫した中でのプロジェクト遂行を余儀なくされるために起こりうる雰囲気の悪化、風土の問題等。
こうした現実を受け止めながらタスクを最適化できる能力は、これからますます必要とされると考えます。
”モノが作れる”だけではない、広い視野で課題に対処できるジェネラリスト。
これが弊社の人材育成におけるコンセプトです。


ジェネラリストの3要素


 

ジェネラリスト3要素

 
 

Technical Skill
技術者である以上、基本的に不可欠なスキルです。 いくら人間的に魅力があっても、確実な技術力 なくしてはビジネスとして成り立たないのは当然のことです。 ただ、大きな案件では製造要員として2次受け、3次受けのカタチで 比較的小規模な会社が数社入り乱れるというのが現況ですが、 技術オンリーの第三者にはある程度のリスクを伴うという現実があります。
(情報の漏洩、勤怠面に関する問題等)

Human Skill
プロジェクトがある目的を遂行するための人間集団である以上、 対人スキルがプロジェクトの成否を左右することは容易に想像されます。 弊社では社会人として当然のマナーはもちろんのこと 円滑なコミュニケーションや協調性はプロジェクトを成功に導く重要なファクターと捉え、 人材育成の一端としてハイ・プライオリティに位置付けています。

Emotional Quotient
IQに対するEQ。ヒューマンスキルが対・人ならこのEQは対・自身といえます。いわゆる心の知能指数ですが、エンジニア自身が主体性を持ち、 自己啓発に励めなければ人間的な成長は不可能だと考えます。 トップダウンでの意識改革はありえず、会社は環境を提供するのみです。 EQの高いエンジニアには、プロジェクトの空気を良い方向に変えていく力があります。 技術のみでなく、目に見えないプラス要因をも提供できることが これからのソフトハウスには大切であると考えます。

 
 
   

 

CopyRight 2014@intelligent communications corporation Co.,LTD All Right Reserved